紀伊半島ぐるり旅3日目

紀伊半島ぐるり旅もいよいよ最終日。
そしてサルシカ銭湯企画である。

熊野駅前のいつもの弁当屋でサンマ寿司で朝飯を食べ、商店街でふかしたての白玉まんじゅうを食べ尾鷲に向かうことに。
ちなみに熊野の銭湯は一度しか入っていないがみはま湯とときわ湯の二軒が営業中。

尾鷲到着後、出発が遅くなった写真師マツバラと昼過ぎに合流。この日はあたたかくスウェット一枚で街歩きが可能な陽気だった。

まずアポが入れてある新生湯で撮影開始。

その後隊長やボーノ隊員が到着したため、写真師を放置して豆狸で昼食。
ここの海鮮ユッケ丼950円也が美味さ超絶、コストパフォーマンス満点でした。
尾鷲恐るべし。
d0170790_23292271.jpg


ほんで新生湯に戻って営業前にザブンとひとっ風呂。
3時からだというのに地元のオッサンが次から次にやってくる。そんな老後を迎えたいものだ。

次いで松の湯に移動するとすでに8名ほどの先客。
これだけ地元の人に頼られているのに本当にもったいないし切ないと感じさせられた。
あと一ヶ月を切った松の湯の歴史。時間の許す限りお邪魔しようと思う。

夜は尾鷲の隠れた名店「静」。
隊長もマツバラも経験済みだそうだが、豆狸同様に降参しました、の一言。
メニューは
ササッと良い塩梅で茹でたオニエビ(小ぶりの身ながら歯ごたえタップリ、ミソたっぷり)
手長エビの塩焼き(身もミソも最高。伊勢海老より高価らしい)
d0170790_23475971.jpg

茹でタカアシガニ(水族館でしか見たことないし)
d0170790_23482652.jpg

ガスエビ、ヒラメ、アジ、サバなどなどが盛られた刺身(ガスエビは甘エビよりはるかに甘い)
アンコウ汁 などなど。

しかも!当夜尾鷲はヤーヤー祭の最中。途中で抜けて見さしてもらうこと2度。
合計すると1時間も。

〆て3000円プラスアルコールでご馳走様となりました。

途中で抜けて見に行ったヤーヤーは見ているだけでも自らに流れている日本民族の血を実感。
なにかこう言葉にできない心のゆさぶりを覚えました。
d0170790_23513789.jpg


祭りを見た後はもう一軒うどんやで〆て港で就寝となりました。

松の湯がなくなるのは寂しいけれど尾鷲が大好きになった一日となりました。
[PR]
by oketaro | 2011-02-04 11:03 | 三重の銭湯


銭湯巡り・野球観戦・野菜造りの日記


by oketaro

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

私のホームページ

いこに!三重県の銭湯・メインページへ

カテゴリ

全体
三重の銭湯
よその銭湯
銭湯全般
プロ野球
高校野球
草野球
野菜づくり
グルメ
できごと
DIY
大学野球
銭湯&野球
競馬
未分類

以前の記事

2014年 12月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

タグ

その他のジャンル

最新の記事

2014年11月までの銭湯集計
at 2014-12-29 18:28
2014年4月までの銭湯集計
at 2014-05-15 01:19
めまぐるしい一週間 その一
at 2014-01-18 00:07
銭湯の記録10~12月
at 2014-01-07 23:37
銭湯の記録7~9月
at 2013-10-07 01:10

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧